金利安い銀行カードローンがおすすめ

たいへん便利なカードローンですが、その運営会社の違いによって金利に差があることはご存知でしょうか。数%の金利の違いでも返済期間の長さによっては大きな違いとなりますので、できるだけ有利な条件で借りたいものです。
カードローンの種類を大きく分けると、消費者金融系、信販会社系、銀行系となります。借入限度額については人によって違いがありますので一概にはいえませんが、一般的には銀行系が高く設定されることが多いようです。実質年率に関しては消費者金融系が最も高い傾向にあり、次いで信販会社系、銀行系と続きます。
逆に審査については銀行系がやや厳しい傾向にあります。信販会社系の審査は消費者金融系以上銀行以下というポジションと考えてよいでしょう。ただしどのローンにおいても限度額が30万円未満程度でしたら、比較的審査は通りやすいと考えられます。
銀行系のカードローンは、運営母体が都市銀行や地方銀行など信頼感が高い所ですので、万が一返済が滞った場合でも、過剰な取り立てなどの問題は発生しません。また通常の銀行ATMでキャッシュカードと同様の感覚で引き出しができるために、プライバシー保護の観点からもアドバンテージがあるといえるでしょう。銀行のキャッシュカードにローン機能が付加されているものが一般的ですので、複数のカードを持ち歩く手間も省けます。
ただし銀行系のカードローンであっても、計画的に利用することが重要です。無理のない返済計画を立て、借り過ぎには十分注意しましょう。

Comments are closed.