カードローンとフリーローンの違いについて

カードローンとフリーローンの大きな違いは、追加融資ができるかどうかという点にあります。フリーローンはその名の通り資金使途が自由なローンのことですが、一度借り入れをすると追加融資ができません。決められた金額を毎月返済していくだけとなります。金融機関にもよりますが、毎月引き落とされる金額は契約時に決めた金額であり、繰上げ返済をするには手数料がかかることも多いです。

一方、カードローンも資金使途は自由ですが、こちらは限度額の範囲内ならいつでも自由に追加融資が受けられます。例えば、限度額が50万円なら、そのうち10万円だけを借りて、返済が終わらないうちに追加で30万円を借りるといったことも自由です。限度額いっぱいまで借りてしまうとそれ以上は借りられなくなりますが、例えば10万円を返して枠が空くと、また追加融資が受けられるようになります。繰上げ返済手数料は無料であり、毎月の自動引き落としのほかに好きな金額を手数料無料で随時返済することができます。そのため毎月の引き落とし金額はかなり低めに設定されていることが多いです。

カードローンのほうが便利な商品となっていますが、その分同じ金額を借りる場合の審査は厳しい傾向があります。また、金融機関にもよりますが、フリーローンよりもカードローンのほうが金利がやや高めに設定されていることもあります。追加融資をする予定がなく、高い金額を借りることを重視するのであれば、フリーローンのほうがメリットがあるかもしれません。

Comments are closed.